FANDOM


モンスターハンター 3Gの関連ページ一覧:
このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアのコンテンツが使用されています(著者を閲覧する)。

テンプレート:Infoboxゲーム モンスターハンター 3Gは、2011年12月10日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。

概要編集

当初は『MH3』の携帯機版として企画されたが、提示した追加要素が多かったことからアップグレード版を意味する『G』がタイトルに付加され、最終的には更に内容がボリュームアップされた[1]。3DSの下画面(タッチスクリーン)にマップやアイテムポーチ等が移動できるパネルカスタマイズ機能が搭載され、仮想の十字ボタンや、大型モンスターに視点が向くターゲットカメラも追加可能。また、拡張スライドパッドにも対応している。

オリジナルデザインの3DS本体同梱のスペシャルパックや拡張スライドパッド同梱版が同時発売された。e-CAPCOM限定でハンターフィギュア(ラギアクルス装備)とのセット予約販売も行われた。

2011年9月13日より『おはよう忍者隊ガッチャマン』とのコラボレーションアニメが公式サイト等で配信された[2]。2011年12月21日には出荷本数が[3]、2012年1月には実売でも100万本を突破し、初のサード製3DSミリオンタイトルとなった[4]

2012年3月17日には、3DS本体(コスモブラック/フレアレッド)を同梱した「モンスターハンター3(トライ)G はじめてハンターパック」が、2012年11月1日には3DS LL本体(ブラック)に本作のダウンロード版をプリインストールした「ニンテンドー3DS LL モンスターハンター3(トライ)G パック」が発売された。

ゲーム内には特定の手順を踏むと「剣聖のピアス」と「増弾のピアス」が入手出来なくなるバグが存在する。これに関しては2012年5月16日よりニンテンドーeショップにて修正プログラムが配信されている[5]

2012年11月15日に廉価版『モンスターハンター3(トライ)G Best Price!』が、12月6日にはダウンロード版が発売された。ゲーム内容は通常版と同じである。

脚注編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. テンプレート:Cite web
  3. テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite web
  5. テンプレート:Cite web

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki